ふれあいまつり d(*'-'*)b イエーイ

3月24日(土) 秋田県社会福祉会館2階の展示ホールをメインに

「第2回 ふれあいまつり」が開催されました!d(*'-'*)b

まずは、オープニングの劇の様子をご紹介。

男鹿サークル「ぶりっこ」による、手話劇『999の石段』。

武帝と鬼たち     → 鬼と武帝

かぶと少女 ←蕪を引き抜く鬼たちを手伝う少女は会場からの飛び入り参加

最後のごあいさつ     → 最後

 

 

まつりでは、昨年度と同様に5つの体験コーナーとちびっこ広場、聴覚に関する福祉機器の
展示を行いました。

体験コーナーの様子を少しだけご紹介します。

〇要約筆記体験  書いた文字をOHCを使って、スクリーンに映します。
要約筆記

〇ヒアリングループ体験  補聴器や人工内耳での聞こえの変化について体験します。
ヒアリングループ

〇手話体験  あいさつなど簡単な手話を練習します。
手話

〇指点字体験  ブリスタを使って自分の名前を点字で打ち、名刺を作成します。
指点字

〇アイドラゴン視聴  手話付き動画を「アイドラゴン4」で視聴します。

ちびっこや大人にも人気のちびっこ広場、折紙教室。
お菓子の輪投げキャッチもありました(o^―^o)
 

フィナーレでは、我譚歌団(がたんかだん)による手話ソングでとても盛り上がりました(^^♪

 

 
最後に秋田県聴覚障害者支援協議会の永井副会長から、シメのお言葉と一度だけ手を叩く
「一丁締め」で閉会となりました。

たくさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました(^^♪

来年度も開催予定ですので、またみなさまのご参加をお待ちしております。

2018-03-28 | カテゴリー : センター | 投稿者 : 秋田県聴覚障害者支援センター