7月の「みみサロン」 開催しましたヽ(^o^)丿

7月16日(月・祝)、みみサロン『日本映画の日本語字幕版体験』を開催しました。

講師はパラブラ株式会社の代表取締役社長、山上 庄子様です。

秋田大学で福祉情報工学の分野の研究をされている、助教の中島 佐和子様にも

ご参加いただきました。

字幕付きの映画を観て、洋画に付いている字幕と日本映画に付いている字幕の違いや、

バリアフリー日本語字幕の上映でオープン式とクローズ式があること、などなど

説明がありました。

UDCast(ユーディーキャスト)アプリを使って、スマホに字幕や手話を映し出したり、

メガネ型端末に字幕を映して体験しました。

参加した方の感想を少しご紹介します。

「(スマホを使った字幕の場合)端末機(スマホ)、映像と交互に見るので不便さを

 少し感じました。メガネも初めてなので、位置確保に少し時間がかかるかと思いました。」

 

「UDCastを体験してみましたが、スマホは全く知らなかったので字幕や、

 手話など本当に嬉しいと思います。メガネ型端末で見ると字幕が浮かんでいるように

 感じます。本当に驚きました。すごいですね。」


日本語字幕のついている日本映画は、上映期間が短く、時間が限られているので利用するには

不便ですね。

秋田でこのメガネ型端末を導入している映画館はまだありませんが、将来導入されるときは

長い時間かけていても苦にならない端末が開発されているかもしれませんし、

アクリル板に文字が表示されるもので楽しめるかもしれません。

聴覚障害者が限られた上映時間に合わせるのではなく、好きな時間に観ることができるように

なって欲しいと思います。

 

パラブラ株式会社は視聴覚障害の方や外国の方など全ての方向けに映像のバリアフリー化の

お手伝いをする会社です。UDCast対応作品や制作した字幕・音声ガイド付き上映情報、

制作者からの映画のオススメコメントなどをお届けするメルマガもあるようです。

興味のある方は、こちらのホームページをご覧ください。 → http://palabra-i.co.jp/

 

最後になりましたが、参加いただいた皆さま、ありがとうございました(*^^*)

次回のみみサロンは9月29日(土)の予定です。詳細は決まり次第お伝えしますね!

お楽しみに(@^^)/~~~

2018-07-20 | カテゴリー : センター | 投稿者 : 秋田県聴覚障害者支援センター