3月の「みみサロン」開催しました(*^-^*)

今年度最後、平成最後の(くどい?)みみサロンを3月25日(月)に開催しました(^^♪

題して『盲ろう疑似体験』!

老若男女、16名の参加でした。

 

「盲ろう」ってどんな人なのか?という簡単な説明のあと、ちょっとした体験をしていただきました。

まずは、ブリスタという紙テープを使った速記用点字タイプライターを使って、点字の名刺作りをしました。

次に、ペアを組んで一人が〔見えなくてちょっと聞こえる状態〕いわゆる「盲難聴」(盲ろう者)の状態になって、もう一人の支援する担当が、盲ろう者役の手のひらに指で文字を書いて「伝える」という体験をしました。

 

これがなかなか伝わらなくて大変です(><)

もどかしい~~~(´・ω・`)

書く側も、情報を受取る側も一生懸命です(*^^*)

普段、見えて聞こえているからなのか、触覚が鈍っているのかもしれませんね。

 

時間の関係で、予定していたことを全部体験していただくことができませんでしたが、

お茶とお菓子をいただきながら、楽しんでいただけたのではないかと思います。

来年度も引き続きみみサロンを開催します。

予定は未定ですが、ホームページでもお知らせしますので、

ときどき、訪れてくださいねぇ~ ■_ヾ(・・*)

2019-03-26 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : 秋田県聴覚障害者支援センター