手話言語の国際デー

本日、9月23日は「手話言語の国際デー」です。2017年(平成29年)12月の国連総会で制定された国際デーの一つです。

手話言語が音声言語と対等であることを明確にすること、ろう者の人権が完全に保障されることを目的とし、国際社会において手話言語の意識を高め、手話の学習を促進するよう呼び掛けています。

秋田県内においては、「秋田県」「大館市」で手話言語条例が制定されています(秋田市では「秋田市障がいのある人もない人も共に生きるまちづくり条例」)。

聴覚に障がいのある方にとっての意思疎通の方法は手話以外にも、指文字、読話、補聴器、筆談などがあります。一人ひとり、コミュニケーション方法が異なるという事を理解するきっかけになればと思います。

2020-09-23 | カテゴリー : センター | 投稿者 : 秋田県聴覚障害者支援センター 秋田県社会福祉事業団