1月29日から30日頃にかけての県内の暴風雪などに警戒について

 29日は低気圧が急速に発達しながら日本海を東進し、北日本へ進む見込みです。その後、30日にかけて本県の上空約5,000メートルには、氷点下39度以下の非常に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まります。このため29日から30日にかけて、大荒れや大しけとなるおそれがあります。

なお、雪雲の発達程度や同じ場所に継続して雪雲が流れ込む場合は、警報級の大雪になるおそれがあります。

交通機関によっては、運休等の処置がとられる場合があります。各社のHP等で情報を確認すると共に不要不急の外出については控えるようにお願いいたします。

2021-01-29 | カテゴリー : センター | 投稿者 : 秋田県聴覚障害者支援センター 秋田県社会福祉事業団