「NET118」の運用開始について  

海上保安庁では、聴覚や発話に障害を持つ方を対象に、スマートフォンなどを使用した入力操作により、海上保安庁への緊急時の通報が可能となる「NET118」というサービスを令和元年11月1日から運用開始しました。

 

「NET118」はインターネットを使った文字チャット方式での通報です。インターネットにつながる環境であれば、全国どこからでも利用が可能です。

アプリケーションではないのでダウンロードは必要ありませんが、事前登録が必要です。

聴覚や発話に障害のある方を対象とした通報システムです。対象ではない方の使用は、本来対象とする方への対応の妨げになりますので、ご遠慮ください。

 
チラシにあるQRコードを読み取るか、entry@net118.jp あてに空メールを送信すると、登録用メールが返信されますので、案内通りの手順で登録をしてください。

通報をする際は、「通報」ボタンをタップすると海上保安庁につながります。その後はLINEのようなチャット形式で文字でのやりとりが可能になります。

現場の状況がうまく伝えられない場合には、写真を撮って送信することも可能です。