『ヘルプマーク』『ヘルプカード』の配布が始まっています。

平成29年12月1日から、ヘルプマークとヘルプカードの配布が始まっています。

県のホームページに、

外見では障害などがあると分からなくても援助や配慮を必要とされる方が、

周囲の方の援助を得やすくなり、みんなで助け合う社会の実現を目指して」とあります。

さらに、対象者は障害の有無、障害者手帳の有無は問わず、社会生活などにおいて、

配慮や援助を必要としている方となっています。

ホームページやチラシに書かれている障害などのほかに、妊娠初期の方も対象になります。

聴覚障害も見ただけ、外見だけではわからない障害の一つですね。

ヘルプカードは、印刷して作成できます。

作成してみました!(^^♪

ヘルプマークはシールが付属していて、必要に応じて伝えたい情報や、必要とする支援などを記入し

片面に貼ることができます。

 

配布場所など、詳細は次のチラシ、県のホームページご覧ください。