盲ろうに関するテレビ番組のご紹介

盲ろうに関するテレビ番組を下記のとおりご紹介いたします。秋田県においては新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して、令和2年度の盲ろう者向け通訳者養成研修を中止したところでありますが、感染のリスクを避ける「非接触」の指点字で意思疎通できる「遠隔 指点字ツール」に注目した内容となっております。

~NHKより転載~

【放送局名】
NHK Eテレ

【放送日時】
7月18日(土) 20:45~21:00

【内容】
新型コロナウイルスがまん延する中、視覚と聴覚に障害のある盲ろう者たちは「密」を避けることが難しく、不安な日々を過ごしています。通訳・介助者の腕につかまっての移動、そして、手と手が触れる「指点字」や「触手話」を使った会話では、ソーシャル・ディスタンスを保つことができません。そんな中、非接触でも指点字で意思疎通できる「遠隔 指点字ツール」の開発が進んでいます。実用化を目指す研究の最前線を追いました。

NHKハートネット「ろうを生きる難聴を生きる」「孤立する盲ろう者をテクノロジーで救いたい」※字幕