令和2年8月3日 知事メッセージ(感染拡大が進む地域との往来に関する強い注意喚起について)

【美の国あきたネットより】

 

※同時に動画も配信されましたが、残念ながら手話通訳はついておりませんでした。要旨のみ下記のとおり転載します。

 

令和2年8月3日 知事メッセージ(感染拡大が進む地域との往来に関する強い注意喚起について)

 

一時収束してきたと思われた新型コロナウイルスの感染が再び大都市部を中心に急増し、さらに全国的に拡大傾向を見せております。
幸い本県においては、県民の皆さまのご理解・ご協力のおかげで、7月の感染確認者は2名と全国で最も少なくなっています。
しかし、最近の県内のPCR検査の状況を見れば、首都圏などとの往来に伴う事例や、他都道府県に居住する家族や友人・知人と接触した後に、接触相手が感染者であったと判明したことによる検査などが増加しています。
幸い現在まで、これらの県民の方々の感染は確認されていませんが、夏休みやお盆の帰省シーズンを迎え、県外居住の方々との接触機会が増えることにより、今後予断を許さない状況にあります。

 現時点において、県内経済は少し持ち直したとはいえ、依然として宿泊・飲食業を中心に幅広い業種においても影響が広がり厳しい状況ではありますが、県内において感染者が今後急増した場合には、さらに多くの分野において経済活動が滞り、一層厳しくなるものと推察されます。
要は、県内経済を低水準ながら維持しつつ持ち直すためには、検査・医療体制の整備は確実に行いつつも、基本原則として県内の感染者を増やさないことにつきるものと考えます。
特に本県は高齢県で、高齢者の感染は治療方法が確立していない現時点では、医療体制の整備だけでは対応が難しく、直ちに命にかかわることにもつながります。
したがって、ワクチンの開発や治療方法の確立までは、県内における感染拡大の防止こそが、県民の命を守り、県内経済を維持し続ける最大の手法と考えます。
そこで、県民の皆さまには、首都圏、愛知など中京圏、大阪など関西圏、福岡など北九州圏、さらに観光客の流入により急激に感染拡大が進む沖縄県などを中心に、県外との往来については、必要最低限、すなわちどうしても欠かせない業務など、真にやむを得ない場合を除き、控えていただくことを強くお願いします。
また、やむを得ない事情で往来があった場合においても、感染拡大地域での飲食や行動に最大限の注意を払い、その後のご自身の健康観察や周辺の方々との接触に十分ご留意されるようお願いいたします。
また、首都圏等からの帰省者が居住地に帰ってから感染していたことが判明した事例もあることから、この夏は学生や親類の帰省、友人・知人の県内訪問については、是非とも控えていただくよう、県内のご家族から今一度呼びかけしていただくようお願いいたします。いずれ、県内においては市中感染事例は、現時点までは発生していないものと推察されますが、いわゆる3密を避ける、手洗い、うがい等をこまめに行う、マスクを付ける、さらには声を大きく発する集まりや、飲食店や集会所でのカラオケ等を行わないことなど、基本的な感染防止策の徹底はもちろんでありますが、原理原則としての最大の防御策は、感染確率を可能な限り抑える、すなわち感染拡大地域やそこの居住者との様々な接触機会を極限まで減らすことにあることをご理解の上、県民の皆さまにはよろしくご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対策について(7/29以降の対応について)

7/25におよそ3カ月ぶりに秋田県17例目になる新型コロナウィルス感染症患者が発生したことをうけて「県民の皆様への新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い(7/29以降)」が出されました。
また、秋田県新型コロナウイルス感染症対策本部が秋田県独自の新型コロナウィルス感染警戒レベルを設定しております。感染者数に応じてイベント規模の制限、外出自粛要請などが出されることになります。

詳細は秋田県のHPをご確認下さい。

◎県民の皆様への新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い(7/29以降)(美の国あきた)

新型コロナウィルス緊急経済対策(特別定額給付金事業)について(追記)

2020/6/26追記
特別定額給付金について、すでに手続きはお済でしょうか?特別定額給付金の概要や手続き方法について、視覚、聴覚障害者のための特設ページが設けられましたのでお知らせします。まだ、手続きがお済でない場合は是非、ご参考になさってください。

特別定額給付金の申請方法についての手話動画

新型コロナウィルス緊急経済対策として、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている方を対象に特別定額給付金が給付されることとなりました。

特別定額給付金は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記載されている市町村に申請することとなっております。

詳しい情報については、総務省で特別定額給付金の特設サイトを開設されていますのでご確認下さい。

 

特別定額給付金ポータルサイト(サイトへリンク)(令和2年5月1日)
(https://kyufukin.soumu.go.jp/)
最新の情報についてはこちらをご覧ください。

 

なお、下記のチラシは秋田市より発達障害の方々や支援者向けとして提示されたものですが、参考のために掲載いたします。

また、これらに便乗した詐欺にはくれぐれもご注意下さい!

〇10万円給付手続き~三つのこと

〇10万円給付手続き~もう少しくわしく

〇給付金のサギに注意

 

※【秋田市にお住いの方へ】(6/1追記)

【特別定額給付金の郵送による申請書への記載について】
特別定額給付金の申請書への署名については、自署の場合、押印不要です。(自署の場合、押印の有無にかかわらず、不備にはなりません。)

 

参考サイト:秋田市

 

【新型コロナウイルス関連】相談室へのアクリル板の設置について

日頃、当センター事業の推進につきましては、多大なるご支援をいただき厚くお礼申し上げます。

さて、当センターの相談室にアクリル板を設置いたしました。コロナウイルス感染の拡大が収まるまでの間、透明板越しにお話しさせていただきます。

相談者、援助者の感染を予防するための措置となります。ご理解とご協力のほどをよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に係る秋田県知事の会見について

4/30 14:30 より秋田県知事による臨時記者会見が開かれました。会見には、手話による同時通訳がついております。
知事会見動画↓
令和2年4月30日「知事臨時記者会見(大型連休中の注意喚起について)」 (Youtube)

また、要約した内容については、こちら↓
新型コロナウイルスに係る知事メッセージ((美の国あきたネット))

※知事メッセージについては後日、本日の内容が更新されます。

こちらは手話ではなく文字による解説となります。

秋田県LINE公式アカウント「秋田県-新型コロナ対策パーソナルサポート」について

秋田県では、新型コロナウイルス感染症に関して、県民の皆さまに必要な情報をお届けするためのLINE公式アカウントを開設しています。なお、利用にはLINEアプリへの登録が必要になります。

詳細は下記リンクから↓
秋田県LINE公式アカウント「秋田県-新型コロナ対策パーソナルサポート」